WordPress

WordPressのテーマのおすすめベスト3を紹介します。

投稿日:

WordPressを使ったコンテンツマーケティングを行う時に、なんだかんだで悩むのが、レンタルサーバーとテーマ選びです。

実は、テーマはなんでもいいという人がいますが、私はそれは否定したいと思っています。

というのも、私は、ミラサポなどでWordPressを使ったウェブサイト制作の補助をすることがあります。(ミラサポは報酬が安すぎなので、バイト感覚でやっていますが。)

その関係で、テーマを複数試していて、そこで思ったのは、表示速度に差があること、初心者には使いづらいテーマも存在すること、そして、欲しい機能が揃っていないことなどがテーマによっては存在することがわかっています。

そのため、テーマはなんでもいいってわけでもないので、ここでおすすめのテーマをまとめたいと思います。

テーマは有料のものを選択する。

大前提として、テーマは有料のものを使いましょう。

「コンテンツがよければ、上位表示に差が出ない、よってテーマは関係ない」

という人もいるのは知っていますが、WordPressとは、世界で最も普及しているコンテンツを作るシステムです。それだけ導入している人が多いということは、似たような環境のウェブサイトが世界には無数に存在することを意味します。

成果を上げるためには、少しでも良い環境にする必要があるのは必然のことです。

例えば、表示速度が有料テーマで改善することができるのであれば、すべての記事ページがスマホで表示された時に、ストレスなく閲覧されることを意味します。

(表示速度は、検索順位を決定する要因の一つとされていますが、それ以前の問題で、表示が遅いウェブサイトをじっくり読もうとは思いません。)

1位:WING(Affinger5)

WordPressのテーマの中では今現在では最も優れていると思います。

というか、正直、これを一つ持っていれば十分だと言ってもいいほど機能が豊富ですし、表示速度も考慮されています。

WING自体が、有名なStingerのアフィリエイト特化型有料テーマAffingerの最新版です。

アフィリエイト用のテーマですので、当たり前ですが稼げる仕様でないとクレームになります。(笑)

そのため、SEO対策が十分に施されているのはもちろんのこと、使いやすいウェブサイトでなければ、最近のアフィリエイトの対策は不十分とされています。

その部分のフォローアップをいち早く実施しているため、現在のところは、WordPressを始めるのであれば、速攻でWINGは買いになります。

2位:なし(あえていうのであればこれこそなんでも良い。)

ベスト3って言ったじゃん、詐欺かよ、、

と思うかもしれませんが、WINGが便利すぎて、他のテーマは、その都度の目的で選んでいるというのが正直なところです。

例えば、デザイン性で選ぶならば、RaRa ThemeやTCDをその都度選んでいるという感じですね、、

賢威に関しては、現在開発中とされている賢威8次第かと思っています。賢威7は、操作性やカスタマイズのしやすさから言っても、ちょっと古いバージョンかな?と感じています。

マーケティングの一環でWordPressを使うのであれば、
やはりSEO対策のことを考慮したデザインテーマであるのに越したことはありません。

WINGは、ダサいというわけでもありませんので、よほど目的が特殊でなければ、他を選ぶ必要がないので、おすすめする必要もないと思うんですよね。

3位:なし(無料テーマでもいいんじゃないですか?)

一択のくせに、ベスト3形式にしやがって、、、

という心の声が聞こえてきそうです。

ついでに話をすると、SEO対策を目的にせず、ウェブサイトをそれなりのデザインで作成したい場合は、海外の有料テーマが実は便利です。

国内産のテーマも豊富になっていますが、ふとしたところの変更が効かない融通が効かないデザインであることが多いです。

国内産は、日本語圏のユーザーのみを相手にしているわけですが、海外産は、言語圏を定めていません。そのため、ほとんどは英語で説明されていますが、販売者によっては、言語を選ぶ設定を行っていることもあります。

ユーザー数が多いため、当然販売するものは、利便性が優れた商品でなければなりません。ユーザー数が多いということは、それだけレビューも多いことを意味します。しっかり意見を取り入れている販売者のテーマは、SEO向きではお世辞でもありませんが、デザイン性がよく、操作性も良いテーマが多い印象です。

結論:WordPressを使うならWINGを使う。

一見、WINGのステマ記事のように思えますが、私自身、WINGをヘビーに使っていますし、このページもWINGです。

ただし、WINGは、テーマ依存の機能が豊富に備わっています。後発のテーマで優良なものが登場した場合は、互換性が当然ありません。

もし、WINGを選んだ場合は、テーマを再選択するリニューアルを行わないのが鉄則になりますので、ご注意ください。

-WordPress

Copyright© マーケティングプロ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.