マーケティング

マーケティングと集客の違いとは?

投稿日:

「マーケティングと集客の違い」についてわからないという質問を受けます。

実は、この違いは、明確に存在します。しかし、集客という言葉の方が身近であるため、集客をマーケティングの意味に拡張して使われている傾向もありますので、最近はわかりづらくなっているのかもしれません。

マーケティングと集客の違いとは?

その部分を解説したいと思います。

マーケティングとは?

マーケティングの立ち位置は、財務や生産管理と同じくらい重要なものと定義されています。

一般的に、マーケティングの定義は、アメリカのマーケティング協会が行っているものをさします。

マーケティングとは、顧客、依頼人、パートナー、社会全体にとって価値のある提供物を創造・伝達・配達・交換するための活動であり、一連の制度、そしてプロセスである。

はい、わかりづらいですね。

簡単に言えば、マーケティングとは、事業が売れる為のシナリオ作りとその最適化です。

商品アイデアの捻出に始まり、その商品が売れる市場選び、商品をどのような形で提供すればより売れやすいか、パッケージやコンセプトの検討、商品をどこに置き、どのくらいの金額で提供し、集客はどのようにするのかなど。そして、実際にいくつかのパターンをやってみて、より良いシナリオを選択します。

マーケティングは、商品ありきではなく、顧客(市場)ありきで成立することが多いです。

集客とは?

それに対して、集客は、客集めと認識している人が多いです。ですが、現在は、商品価値がなければ、情報発信(プロモーション)をいくら行っても効果が小さいとされているため、商品の魅力ありきの「客が集まる仕組み作り」を集客と定義することが多いです。

実際、集客に興味を持つ人は、商品やサービスが決まっている場合が多いです。「集客に悩む」というのは、実際に事業を行っているわけですので、当然と言えば当然のお話です。

つまり、集客は商品ありきで起こるものとされます。

マーケティングと集客の違いとは?

マーケティングは、顧客ありきであるため、そこでシェアを拡大するためには、商品の改善が選択肢の一つとして入ってきます。

それに対して、集客は、商品ありきで、それを顧客に浸透させるための方法ですので、商品の改善に目を向けるというよりは、どのようなメッセージをどうやって伝えるのか、情報発信の方法を改善することに目を向けます。

そのため、マーケティングは、集客を包み込むような存在ということになります。

時代を追ったマーケティングの必要性

モノが足りず、生産すれば売れる時代(生産志向)

モノが足りず、生産すれば売れた時代は、生産が需要においついていないため、生産することが儲けにつながりました。この段階では、生産者、流通業者、小売店が儲かっている状態です。

モノが豊富になり、情報発信をすれば売れる時代(顧客志向)

モノが豊富になった時代では、全く売れないというわけではなく、顧客が複数の選択肢から選ぶ時代でもあります。そのため、適切なメッセージを発信すれば、選ばれる可能性があり、集客をすれば売れる時代だと言えます。

モノや選択肢も豊富に存在し、小売店が強い力を持つ時代(強者の多様化・関係性志向)

生産者のライバルは、生産者とは限らず、小売店、卸売業者、そして海外の生産者も参入する時代です。

生産しても、小売店が関係会社で生産を内製化し、取引を縮小したり、条件が悪い契約を迫ったりします。

そのため、エンドユーザーとの関係性を高めて、直販をする必要性が出てきました。

高めた関係性から商品やサービスをアップデート・特化させる時代へ(独自化)

そして、商品やサービスが昔のまま通用するわけでもない企業がほとんどです。

顧客のニーズから商品の開発やサービス自体を特化させることで、価値を高めて、他にはない商品やサービスにしなければ、差と認識されない時代です。

小手先だけの差別化が通用しない時代が現在ということになります。

拡大する集客の意味合い

集客は、客集めの意味合いで用いられていましたが、魅力のない商品やサービスでは情報をいくら発信しても反響が出ない時代になっています。

例えば、比較的新しい気もするリラクセーションサロンを一つとったとしても、ホットペッパービューティーを検索すると、無数の事業者が検索される時代です。

これは、顧客側からすれば選び放題を意味します。
そして、選択肢が無数にあり、サービスに大きな差がなければ、より安いサービスを望むのは当然のことです。

「こんなに利益にならない単価で、サービスを申し込むなんて、信じられない!」

というオーナーもいますが、自分が顧客側の場合は、同じようなことをしているはずです。

そのため、集客するためには、商品やサービスの価値を高める必要性が出てきています。そして、その価値に魅力を感じるのは、自分ではなく顧客でなければなりません。そのため、商品やサービスの改善には、市場の視点を入れる必要性があります。

ここまで着眼しないと、集客は小手先で終わってしまいます。

ここで勘のいい人は気がつくと思います。今現在の先端の集客の意味合いは、すでに商品ありきのものから顧客ありきのものになっており、集客=マーケティングの意味合いで利用されている場合が多いです。

まとめ

街を歩けばわかることなのですが、居酒屋でも美容室でも選び放題です。

他でも書きますが、店舗の場合は、最初の集客はまぐれでも起こる場合があります。問題は、2回目以降の来店で、ここでは小手先のみ対策ではだんだん通じなくなってきている現状があります。

(昔は、メルマガをやってクーポンを発行すれば儲かるということもありましたが、今はそれもどこでもやっています。そのクーポンも選び放題になっているため、小手先のリピーター対策も効果が小さくなっています。)

だからこそやるべきことは、マーケティングだということにもなるわけなんですよね。

-マーケティング

Copyright© マーケティングプロ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.