WordPress

儲かるWordPressには、WINGとエックスサーバーの組み合わせで作る。

投稿日:

WordPressを運営するには、テンプレートとレンタルサーバーが必要になります。

このテンプレートとレンタルサーバーの組み合わせは、WING(AFFINGER)とエックスサーバーをおすすめしています。

WordPress運営での大前提

WordPressには、厳密に必要なのは、以下のものが必要です。

SQL動作環境があるレンタルサーバー
独自ドメイン
独自ドメインSSL

WordPressの運用では、データベースを構築することになります。そのため、データとデータベースの構築に対応するレンタルサーバーが必要になります。

格安のレンタルサーバーでもWordPressに対応していると売り文句を出しているところがありますが、月額500円をきっているところは、データベースの構築が正常通りできないものがあったりします。

また、今の時代は、独自ドメインSSLの対応が必要です。以前は、フォーム入力の部分のみSSL化をすればよかったのですが、Googleのユーザーのプライバシー保持のスタンスにあわせることが必要になりました。そのため、常時SSL化を採用する必要があり、独自ドメインでSSL化をする必要があります。

これらを最低限の条件として、想定する必要があります。

上位表示することを最優先として考える。

どんな環境でも上位表示はできると断言する人もいますが、それには疑問があります。

コンテンツがいかにいいものであっても、表示速度が遅すぎたり、表示が不安定なものをGoogleは上位に表示させるでしょうか?

まず、Googleは表示速度と離脱率の関係性を計測するツールを配信しています。(Test my site

また、テンプレートに関して、数社の有料テンプレートを購入し、使っていますが、インデックスのされ方が違います。無駄なコンテンツはインデックスさせない方式のものもあれば、あらゆるコンテンツがインデックスされてしまうものもあります。

上位表示をさせるためには、優良なコンテンツを配信するサイトであった方がよく、無駄なコンテンツまで配信されてしまう環境はあまりよろしくありません。

上位表示実績があるからこそ言えることである。

例えば、弱小キーワードでしか上位表示ができていないのであれば、このようなことはいうことができません。

集客力向上に効果がある知っておくべき集客の思考と方法とは?では、「集客」(月間検索数24000)で1位をとっています。

知名度のない高級店を繁盛店にするには?は、「高級店」で上位表示をしています。正直、このコンテンツは、他を上げるために作ったコンテンツですので、上位表示してしまったことは逆に望ましいものではありませんでした。しかし、この環境が良いものであることの証明になります。

レンタルサーバーはエックスサーバーが良い理由

安定しているレンタルサーバー

アフィリエイターがおすすめすることが多いので、さぞかしアフィリエイト報酬が高いレンタルサーバーなんだろうと思う人もいるかもしれませんが、G◯O系のレンタルサーバーもレンタルし、Sくらインターネットも使っている人間から言わせると、WordPressの運用環境はエックスサーバー一択です。

他のレンタルサーバーは、千鳥じゃありませんが、「クセが強い!!!」WordPressを運用する環境としては、最低限揃えている印象がありますが、エックスサーバーほど用意しているわけではない印象があります。



そのため、もっとも閲覧数が多い夜22時の時間帯の表示がとにかく遅かったり、プラグインの動作が不安定になったりすることがあります。

自動バックアップ機能があるのか?

また、注目しておきたいのは、自動バックアップ機能が込みであることです。

過去に大手レンタルサーバー会社は、ちょっとした操作からたくさんの企業が登録しているサーバーのデータを飛ばしてしまいました。また、他の大手レンタルサーバー会社は、一箇所の脆弱性から不正アクセスによるサイトの書き換え被害を呼びました。

これらが万が一発生した場合、自動バックアップ機能込みでなければ巻き戻しを行うことができません。

エックスサーバーは、巻き戻しが必要になった時に、5000円を支払う必要がありますが、支払えばデータが戻ってきます。

有人による監視あり。

実際にあったのですが、メールアカウントのログインIDがどこかから漏れて、スパムメールにクライアントのドメインメールが使われた時がありました。(パスワードが単純だとこういうこともありえます。)

この時に、エックスサーバー側がパスワードを変更し、スパムメールの配信を止めた時がありました。

これは、有人の監視があるということで、万が一があった時の対応が万全だということになります。

ドメインが無料でつくキャンペーンがある。

初期費用半額キャンペーンと独自ドメインプレゼントキャンペーンが毎月交互にくるイメージです。

どちらがお得かというと、個人的には独自ドメインです。

独自ドメインを契約期間中は、利用料無料になります。WordPressの運用は、基本的に3年を超えることを考えると、金銭的にもお得になります。

エックスサーバービジネスもある。

エックスサーバーの実質上位版のエックスサーバービジネスもあります。

3年契約の場合、1ヶ月3400円です。(支払いプランによって料金が違います。)

優位性は正直見えづらい部分がありますが、セキュリティーに関する機能がワンランク上のものが使われています。上述の通り、エックスサーバーだから万全のセキュリティーというわけではありません。月額1000円でこれだけの機能があるのが逆にすごいくらいで、企業として、メールアドレスやデータなどをアップするのに使うとなると、専用サーバーのシックスコアかエックスサーバービジネスかの選択になると思います。

Xserver Business

デザインテーマはWINGがいい理由

私は、WINGを推奨します。アフィリエイターでは、TCDなどが推奨されることが多いのです。確かにデザイン性は優れているのですが、使いやすさを追求した場合、融通が利かない部分が多いです。

メジャーどころのテンプレートを利用した結果、SEO対策ができないと儲からないアフィリエイトのために開発されている点、ウェブサイトとしてのカスタマイズや装飾のバリエーションが多い点を評価すると、WINGが一番と判定します。

上記は、フルセットのAffinger Pack3版。アフィリエイトを本気で行うのであれば、39,800円はむしろ安いです。この料金で、アフィリエイトサイトをジャンル別に展開する場合、そのすべてのサイトでSEOを考慮されたWINGが使えるからです。

WING(AFFINGER5版)は、プラグインを除くデザインテーマを利用することができます。

SEOに強い。

WordPressがSEOに強い、WINGがSEOに強いというつもりはありませんが、この逆はいうことができます。

例えば、WordPressでないブログサービスを活用した場合、SEO対策で勝てない要因が多かったりします。WING以外の選択肢も、Googleが求めている方向性に対して、機能実装がはっきり言って遅いです。

WINGは、開発者のアップデートが早く、環境に順応しています。

ランディングページも作成できる。

商品を販売したい場合は、ランディングページも作成する必要性があります。

WordPressのテーマではランディングページを作成する機能があるものが多いのですが、クセの強いCSSがWINGでは設定されていないこともあり、比較的思ったようなランディングページを作成できます。

ここからメルマガアフィリエイトに切り替えする場合は、ステップメールを使います。WordPressのプラグインにもメールマガジンプラグインはありますが、レンタルサーバーからメールが配信される仕組みになってしまうため、サーバーに負荷もかかりますし、不通のメール配信が多くなると、各種プロバイダからIPアドレスをブロックされてしまう可能性もあります。

そのため、トラブルを防止するため、有料メールマガジン配信サービスを利用するのが普通です。

私が勧めているのは、アスメルです。◯ー◯ビズは申し訳ないですが、現状は使いづらいです。メールは、毎日のように配信するものですので、UIが複雑なのは、どうにかしてほしいところです。



月額3333円で、配信上限がなく、大量のメールを配信することができます。

無料のメールマガジンサービスでは、Mailchimpが有名ですが、英語サイトですので、操作を覚えたり、一部の機能が英語しか受け付けないなどストレスを感じるところが多いかもしれません。

上位表示の条件とは?

コンテンツ×外部評価(外部リンク、ソーシャルシグナル)と言いたいところなのですが、

実際は、コンテンツの良質さ×内部リンク構造×デザインテーマの適正×サーバー環境×外部環境のような気がしています。

現に、デザインテーマの出力がおかしいクライアントサイトをWINGに変更しただけで、アクセス数が改善した結果も出ています。また、新規コンテンツを1つ書いただけで、自動車系キーワードで1ページ目表示もされています。

儲けるためのWordPress運営は、強い媒体にすることが前提です。いいとわかっているのに、選択しないのは、愚の骨頂です。「◯◯でもいいですよね。」とこのくらいのコストで言い出す人は、今まで逃げ道を作ってきた人でもありますので、抜群の負けないコンテンツ作りで根をあげるので、媒体作成自体が向いていないと思います。

 

 

 

 

 

 

-WordPress

Copyright© マーケティングプロ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.